スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洗面所の床 


我が家は廊下がないので、リビングからすぐ洗面所、その両横にお風呂とトイレ、です。

ほんとはこの間取りは好きではなかったのですが、狭小建て売りは仕方ないです。

そこで、こだわったのが(こだわったと言っても標準内のカタログ見本の中から選んだだけで別途にお金はかけてません)、洗面所の床をリビングの床と似たのにして、部屋の続きみたいに見えるようにしました。
狭い家なので、少しでも広く見えるかなーというのと、部屋の続きのようにした方が雰囲気もいいかなーと。

結果大正解!!!
リビングは、床暖房用のサクラの幅広の板で(夫が幅広の床板がいいって選びました)、洗面はそれに合わせた水回り用のクッションを選んだのですが。
違いがわからないほど違和感ありません。

床と同じく、洗面台の板も建具に合わせた感じにしました。
鏡面白とかにすると、the洗面台って感じになるので。
ドアを開けていたら見えるところなので。
これも大正解!

トイレの床は変えました。
むしろ、続きっぽく見えるのは嫌だったので。

廊下なしリビングから直の間取りは、毛嫌いしてたのですが、それほど悪くないです。
全部が近いし、トイレに入ってるのか、お風呂に入ってるのか、洗面台の前にいるのか、リビングからは全くわからないので心配してた音も大丈夫でした。
洗濯物も一階ウッドデッキに干すので洗濯機から10歩も歩かないです。
行ったり来たりする場所だから近いと便利ですね🎵




関連記事
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://putiputirich.blog33.fc2.com/tb.php/1638-fda407d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ