スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坊や 
幼稚園に行こうと、玄関で靴を履いていた息子と娘。
先に履き終わった4歳娘が、まだ座って履いている5歳息子に投げかけた言葉。
「ちょっとそこの坊や。」
って。
かなりの衝撃でした。
私も「ぼ、坊や????」と???
息子は一瞬固まり、そのあと
「坊やじゃねえだろ!にいに、だよお!!!」
と吠えましたが、娘に落ち着いた口調で、
「Sくん。そんな言い方(ねえだろ)しないよ。」
とたしなめられ。。。
息子完敗でした。(笑)
どこで覚えたんだろう、坊や、なんて。(><)
おもろいおもろい。

スポンサーサイト
妹と弟どっちが欲しい? 
先日息子に興味本位で尋ねてみました。
今まで聞いたことなかったなーと思って。
(幼稚園に入ったときは、自分が男か女かもわかってない息子、
娘が妹か弟かおにいちゃんかおねえちゃんかもわかってない息子でしたから。)

少し考えて
「うーーん、やっぱり妹かなー。」
ですって。
弟と言うことを予想してたので意外でした。
「え?妹?弟じゃなくていいの?」
と聞きなおすと、
「うん。妹がいい。だって、Nちゃん(娘)は女の子だから、妹も女の子だから、妹だったらNちゃんが嬉しいでしょ。」だって。
なななななんと出来た息子。(><)

まあ、結局、いらないってことなんだと思いますけどね
興味あることなら譲らない息子なので。
どっちでもよかったんでしょうけど、うまいこと言いますよね
ミュールからゴキブリ??? 
夏に履いていた私のミュールがぼろぼろになったので捨てようとゴミ箱に入れていたら、
息子と娘が
「ママ!なんでお靴ゴミ箱に入れてるの???」
と聞いてきました。
私が
「ぼろぼろになってはがれちゃったりしてるからもう履けなくなっちゃったの。」
と答えると、
3歳の娘、
「あ、そっか!!!ぼろぼろになって、穴が開いちゃって、そこからゴキブリが出てきちゃったから、捨てたんだね!」
だって。
えーーーー???なんでそこまで飛躍???
と大うけでしたが、笑ってると
「え?違うの?ゴキブリじゃなくてネズミが出てきたの?え?ダンゴムシ?」
とマジな娘。
おもしろすぎ、気持ち悪すぎでした。(笑)

今日は、息子のスイミングの振り替えに午前中私が連れて行きました。
息子は仲良しのお友だちと久しぶりに一緒になれて、とても楽しそうでした!
お昼ごはんは、近くの幸楽苑に行きました。
いつもは190円のお子様セットを頼むのですが、
今日はチャーハンとゼリーがプラスされた290円のお子様セットにしてやりました。
息子完食!
嬉しいです!

そういえば、お盆に帰省した際、朝日米約30キロを安く買って帰ったのですが、
丸2ヶ月で食べきりました。
ということは一ヶ月15キロ?
こんなもの?
しゃくとりむし 
今、福音館書店の月刊誌「かがくのとも」の9月号を図書館で借りてきてます。
「しゃくとりむし」。

3歳娘が「しゃっくりとりむし」と読んでるので、
私が「しゃくとりむしだよ。」と教えてやると、
「え?しゃくりとりむし?」ってますますこんがらがってました。

今日はさっき5歳息子が
やはり、
「しゃっくりとりむし」と読んでいるので、
「しゃくとりむしだよ。」と言うと、
「あ?あーあーしゃくりむしか。」とどうしてもこんがらがって。

こんな風に書いていると、私までなにがなんやらわからなくなってきます。(笑)

強気な娘 
今日、3歳の娘に、
「ママ。ママは間違ってる。「ごはんつぶ」じゃなくて「ごはんつぐ」だよ。「つーぐー」なんだよ。」
と突然言われました。
「ごはんの粒だから「ごはんつぶ」なんだよ。」と改めて言いましたが、
「違う!!!ママが間違ってる!」とおっしゃるばかりで。
ほんと強気な娘です。

その後も、
「これからパーピーするんだー。」と言うので、
「パーティーだよ。」と言うと、
「違うよ!パーピーーーー!!!!なの!!!」と怒られました。

「ごはんつぐ」も「パーピー」もかわいい限りなのでぜんぜんいいんですけどね。
息子がちょっと前まで、「ホテル」のことを「ポテル」と言ってたの、かわいかったな~。

DSC01605.jpg
突然ですが、水曜のお夕飯。
気が付いてみれば、今季初ゴーヤチャンプルー。
のつもり。

うんちチェック 
お食事タイムにはそぐわない話題ですが・・・。

息子、いつも自分でうんちチェックしてます。
どんなうんちだったか表現してくれるのが超おもしろいです。

少し前のことですが、
「あ~~~~ちょっとゲロだった。」
と悔しそうにつぶやく息子。

トイレで吐いたのかと思いきや、
「下痢」のことでした。

一人でプチうけしてしまいました

どっちの小学校行く? 
英語教室に通ってる年長の息子、
テキストがあって、1年間のテキストに1から12の番号が振ってあります。

「今度は何番?その次は?」と聞いてきた息子、
「6、7、8、」と私が続きを言うと、
「11、12,13」と12より先も言い出したので、
「12で終わりだよ。」と止めると
「じゃあその次は?」と聞くので、
「その次は小学生のになるんだよ。」と教えました。

すると、
「ふーーん。じゃあ、英語の小学校と、幼稚園の小学校とどっちに行く?」
ですって
幼稚園で幼稚園が終わったら小学校、と教えられていて、そうは思ってるようです。
が、やっぱり全くわかってないようですね
そりゃそうだ。
少しずつ教えていってやろう。
それも、楽しみ
猫ちゃんのお座り 
猫ちゃん

おじいちゃんちの猫ちゃんが、ケージに入ってお座りの姿勢を取りました。
息子、
「あ!お座りしたから餌が欲しいんだね!!!」
「・・・。」

すうちゃんは餌をもらうときお座りしますが。。。
猫ちゃんって餌が欲しいとお座りするの?
しかも、今回猫ちゃんはケージに入った直後、ただ座っただけの気がした私ですが。

あまりに息子が自信満々だったのでそういうことにしておきました
猫ちゃんはもちろん餌をもらえました。
愛すべき迷言~へんぺこ~ 
小さな子どもの片言ってとってもかわいいですよね~。
5歳息子と3歳娘もまだまだかわいい間違いをしてくれます

娘「もう~このおじさんったらへんぺこなんだから~。」と「へんてこ」を「へんぺこ」と言います。
娘「てんてんむしむし」 「でんでんむしむし」のこと。
娘「はやぐさ」 「はやぶさ」(新幹線)のこと。
息子も4歳のころ「ホテル」のことを「ポテル」と言ってたなあ。
いまだに「高速道路」を「とうそくどうろ」と必ず言うし。

娘に「Nちゃん、へんぺこじゃなくてへんてこだよ。」と訂正すると、
「違うよ!これはへんぺこ、なの!!!」と逆切れしますが
プライド高いったら

プライド低い息子は、訂正すると
「そうだよねー。ホテルだよねー。」と言いなりです。
その自分のなさもどうかとー。。。
足して2で割りたいです。

愛すべき迷言~ドキドキでしましまで~ 
昨日、5歳の息子、
「ママ!うんち!おトイレついてきて!!!」と言いました。
その後、一生懸命、はずんでるのを我慢しながら、
「あのね、あのね、ドキドキ、ドキドキね。」と言い出して、
「ドキドキ?」動悸でもするのかと心配したら、
「あのね、今日は一緒に行ったり、昨日は行かなかったり、行ったりー、行かなかったりー。」
「・・・・・」私。
「・・・・!わかった!ドキドキって‘時々‘のことでしょ!」

息子としてはクイズしていたわけでなく、
「時々は一緒におトイレ行って。」と言いたかったみたいです
私が理解すると、「あーーよかったー。ママ早くーー。」とトイレに駆け込み、
その間も今度は、
「ドキドキで、しましまで・・・」と言い出して
こ、今度はしましま?しましまって・・・
「時々」という言葉は、
行ったり行かなかったり行ったり行かなかったり、つまり図にするとしましま模様なんですね!
息子にとっては!
おもしろすぎました

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブログパーツ